宇都宮の交通事故に強い弁護士なら弁護士法人宇都宮東法律事務所

電話の無料相談はこちら

0120-543-076

受付時間平日 9:00 ~ 21:00

メール予約フォーム

交通事故の示談交渉は、保険会社ではなく弁護士に任せるべき理由

あなたが交通事故にあったとき、あなたが落ち度の全くない100%被害者でない限り、あなた自身の加入している任意保険の示談代行サービスを利用し、相手方との示談代行を依頼することができます。また、あなたは、任意保険会社の示談代行サービスを利用することなく、弁護士を依頼することもできます。

しかし、任意保険会社の示談代行と弁護士による示談代理は同じものではありません。相手方と示談交渉をするときは、任意保険会社の示談サービスを利用するのではなく、弁護士に依頼すべきです。
それはなぜなのでしょうか。

示談交渉の獲得目標が保険会社と弁護士とで違います

任意保険会社の示談代行を利用するにあたって最も注意しなければならない点は、任意保険会社の獲得目標は保険会社の支払額を少なくすることを考慮しなければならず顧客の獲得額を多くすることだけに注力することができないということです。

そもそも、弁護士法によって弁護士でない者が法律事務(示談交渉も法律事務に含まれます)を取り扱うことは禁止されています。そのため、本来であれば任意保険会社の示談代行サービスも許されませんが、「任意保険会社が相手方に支払うべき保険金の金額について相手方と交渉する」というロジックでかろうじて合法性を維持しています。

また、任意保険会社が顧客と締結した契約内容は、顧客が損害賠償義務を負ったとき、その損害賠償金を支払うためのお金を保険金という形で支払うというものです。顧客が相手方から獲得すべき損害賠償金の金額を交渉することまでは契約内容には含まれていません。

これに対し、弁護士の任務は、依頼者の最善の利益を図るということです。損害賠償請求事件であれば、1円でも多くの損害賠償金を相手方から獲得するということになります。
保険会社が支払う保険金を少なくするために活動するのか、依頼者が獲得するお金を多くするために活動するのか、保険会社と弁護士の目的はこれほどまでに違うのです。

弁護士費用特約を利用すれば保険金で弁護士費用が賄えます

弁護士費用特約というものがあります。

弁護士費用特約とは、自分の任意保険に年1500円前後の保険料を支払って付帯するオプション(特約)のことです。弁護士費用特約を付帯させておくと、交通事故の損害賠償請求を弁護士に依頼する際、自分の弁護士の費用(着手金と報酬金)について300万円を上限として保険金から出してもらうことができます(上限金額は300万円とする保険会社が多いものの、個々の契約内容によって定まりますので、ご自身の保険証券をご確認ください)。

この弁護士費用特約が重宝するのは、物損等、損害賠償金が低額なケースです。損害賠償金が低額なケースでは、弁護士費用を支払うと赤字になることから、弁護士に依頼することができません(一般に、弁護士に依頼する際は提訴時には30万円程度の着手金が必要ですので、停車中に追突されて修理代が20万円かかったとしても弁護士に依頼することができず、相手方に任意の支払いを拒否されると泣き寝入りするしかありません)。しかし、弁護士費用特約を付帯させていれば、このようなケースでも自分の保険会社が弁護士費用を出してくれますので、コスト面での損得を考えずに弁護士に依頼することができます。

しかも、弁護士費用特約を使用したとしても、翌年の保険料の増額事由となる保険事故にはカウントされません。デメリットは毎年1500円前後の保険料の負担だけですので、弁護士費用特約は必ず付帯すべき特約といえます。
なお、損害賠償金が多額のケースであっても、弁護士費用特約を付帯させていれば、自分の弁護士に支払うべき弁護士費用が単純に300万円減るという大きなメリットがあります。この点からも、弁護士費用特約は付帯させておくに越したことはありません。

あなたの保険会社はあなたの味方ではありません

前述したとおり、あなたの保険会社の目的は、相手方に支払う保険金の金額をできる限り少なくすることを考慮しなければならあなたのためにあなたが相手方から取得できる損害賠償金を多くすることだけに注力できません。

あなたの治療が長引き、相手方から治療の打ち切りを求められたとき、あなたの保険会社があなたの味方になって治療継続を交渉してくれることは期待することは難しいでしょう。あなたに後遺障害が残ったとき、少しでも有利な後遺障害の等級認定がなされるようにあなたの保険会社が自賠責保険の調査事務所に訴えてくれることを期待することも難しい可能性があります。

あなたの弁護士はあなたの最大の味方です

あなたの保険会社とは異なり、あなたの弁護士はあなたの最大の味方です。
弁護士は、依頼者の代理人として、依頼者本人ができることは原則として何でもすることができます。弁護士に依頼すれば、相手方とのタフな交渉は全て弁護士に一任することができますので、精神的な負担から解放されます。なによりも、あなたにとって最善の結果を相手方から引き出してくれることでしょう。 

弁護士は判決を予測できるので解決までの期間が短くなります

弁護士は裁判を通じた紛争解決の専門家ですので、判決になればいくらの損害賠償金を獲得することができるのかを事前に予測し、その予測に基づいて相手方と交渉します。具体的には、法律的に通る主張と通らない主張を早期に整理し、相手方が法律的に通る主張を受け入れる余地がどの程度あるのかを見極めて示談交渉を継続するかどうかを決断し、相手方が受け入れる余地が乏しいのであれば示談交渉は早期に打ち切って提訴するというものです。

この見極めが付けられないと、時間ばかりかかって何も成果を得られないという残念な結果に終わってしまいます。弁護士に依頼すれば、最終解決に至る道のりの見極めをつけることができ、その見極めに沿った最善の手段を選択することができますので、一般的に解決に至る時間は短く済むことになるでしょう。

当事務所では、依頼者のために最善の手段を選択することをめざして交通事故事件の研鑽に励んでおり、そのための多数のノウハウを蓄積しておりますし、県内有数の検査設備を備える医療機関とも連携しております。
また、相談料及び着手金は完全無料、報酬金は完全成功報酬制とさせていただいておりますので、弁護士費用のご心配をせずにご相談及びご依頼をしていただくことができます。
弁護士相談を検討されている方は、まずは当事務所にご連絡ください。

0120-543-076
受付平日 9:00 ~ 21:00
メールでのお問い合わせ

交通事故メニュー

当事務所へのアクセス

〒321-0935栃木県宇都宮市城東1-3-20
最寄駅
JR宇都宮駅から車で10分
詳細はこちら
弁護士法人宇都宮東法律事務所
に無料相談する
0120-543-076
受付平日 9:00 ~ 21:00
メールフォームでご相談