宇都宮の交通事故に強い弁護士なら宇都宮東法律事務所

電話の無料相談はこちら

0120-579-763

受付時間平日 9:00 ~ 21:00

メール予約フォーム

交通事故で使うことができる4つの保険の特徴

交通事故が起きた時、多くの場合、加害者は保険会社を通して謝罪と賠償を申し出てきます。

加害者側の申し出に対し、被害者として納得いく金額を賠償してもらえるように、裁判外で交渉し解決することを示談と言います。
同時に被害者は、自分が受けたケガの治療を迅速に進めていかなければならず、適切な保険制度を利用して病院で適切な処置を受ける必要があります。

示談とケガ治療という難しい手続きを同時進行する上では、まず基本知識として「交通事故の際に使える4つの保険制度」の種類と使い方について理解しておくことが重要です。

自賠責保険の特徴

自賠責保険は、自動車を運転する人はもれなく加入する義務を負う、対人賠償のみを補償対象とした保険です。

国の統一した賠償基準と限度額が設定されており、傷害による損害なら120万円、後遺障害が認められたら75~4000万円、死亡事故となった場合は3000万円を上限として賠償金が支払われます。

使い方

主に相手方保険会社の代理人が自賠責保険に基づく金額を提示してきます。
自賠責基準に基づき最低基準額は必ず支払われることになりますが、弁護士が介入し相手方と交渉することで、金額は大きくなる例が多々見られます。自賠責保険は、あくまで最低限の補償基準であるため、それを超えた金額を請求できないというわけではありません。

任意保険の特徴

運転者が任意で加入する損害保険で、自賠責保険では補いきれなかった金額分を任意保険で補てんする目的で使用します。要するに自賠責保険の上乗せとしての意味合いです。
対象は人身だけに限らず、対物や弁護士費用など多岐に渡ります。

使い方

事故を起こした者が任意保険を使うと、翌年より保険料が高くなるシステムになっているため、加害者側は任意保険を使いたがらない傾向にあります。
被害者が十分な賠償をしてもらうためには、任意保険を使うかどうかにかかわらず、適切な賠償金を算出して加害者側に対して請求することがとても重要です。
お互いの利害がすれ違う交渉はかなり高度になるため、できれば早い段階で当事務所にご相談いただいた方が、交渉がよりスムーズに進むでしょう。

労災保険の特徴

労働者を雇う事業所が必ず加入する労災保険では、正規雇用社員だけではなく、パートや日雇い労働者も補償の対象となります。
通勤中や勤務中に起きた事故は「業務上の事故」扱いになり、労災保険の適用が可能です。

使い方

国土交通省の管轄下にある自賠責保険と厚生労働省の管轄下にある労災保険は、いずれも国により補償対象と基準額が決められた制度のため同時利用はできず、受給はいずれか一つだけになります。

労災保険は示談の成立に関わらず利用できることから、過失割合で揉めて合意まで長引きそうな時に使うか、相手が自賠責保険にしか加入しておらず十分な治療費が得られないような時に使うととても安心です。

健康保険の特徴

医療に関する給付を行い国民の生活安定に寄与する目的で設けられているのが、日本の公的医療制度です。

職業や年齢などにより加入対象となる人は分かれますが、代表的な医療保険として国民健康保険、社会保険、共済の3種類があります。

使い方

公的医療保険は交通事故でケガを負った場合にも使うことができますが、原則的には被保険者の全額負担になります。

ただし、交通事故によるケガ治療は急を要するため、一旦は保険証を使って治療を進めることも可能です。
本来、加害者が負担すべき治療費を一時的に健康保険が立て替える形になり、かかった医療費は後から加害者に請求されることになります。

被害者としては、事故による治療であることを病院に申告し、後ほど「第三者行為による傷病届」の書式提出を約束すれば、健康保険で治療を受けることができます。病院によっては、交通事故で健康保険は使えないとアナウンスしてくる場合もありますが、法的には利用することができますので覚えておきましょう。

交通事故の保険の適切な利用と損害賠償は、当事務所におまかせください

交通事故は突発的に起こるため、いざ自分が被害者としてケガを負ってしまった際、どの保険をどういう優先順位で使えば良いのか、適切に判断し利用していくのは決して簡単なことではありません。
事故対応ですら大変なところ、普段全く馴染みのない「交通事故起因のケガ治療における保険利用」といった分野に直面すれば大きな精神的負担になります。
事態を考えれば、より迅速に、かつ後々の示談に影響がないよう効率的に行動する必要性も出てきます。

一人で全ての対応を行うことは可能ですが、いきなり立たされた窮地では、弁護士の専門的な力を借りて、事故対応とケガ治療をよりスムーズに進行させた方が日常生活への支障も最小限に抑えられます。

当事務所は、宇都宮市を中心に栃木県全域及び茨城県北西部を対応エリアとし、さまざまな交通事故相談に対応しております。特に当事務所は「被害者専門」の法律事務所ですので、今回ご紹介したような被害者の方が戸惑うことが多い保険適用の問題などについても、当事務所にご相談いただければ適切に対応することが可能です。

むち打ちや打撲、骨折、捻挫などの症状はもちろんのこと、高次脳機能障害や死亡事故といった重大事故についても解決実績がございます。被害者専門の弁護士として、妥協することなく、被害者の方が納得のいく解決を目指して丁寧にサポートいたします。まずはお気軽にご相談ください。

0120-579-763
受付平日 9:00 ~ 21:00
メールでのお問い合わせ

交通事故メニュー

当事務所へのアクセス

〒321-0935栃木県宇都宮市城東1-3-20
最寄駅
JR宇都宮駅から車で10分
詳細はこちら
宇都宮東法律事務所に
無料相談する
0120-579-763
受付平日 9:00 ~ 21:00
メールフォームでご相談